東京都の地震対策

東京は日本の首都であり、日本の政治と経済の全てがここに集約されていると言っても過言ではないですね。
大分前になりますが、東京への一極集中に対する危機管理の面からのリスク分散を訴えた研究者や国会議員達から「首都移転計画」と言うものが提案、発表され、移転先がいろいろな自治体を巻き込んで大きな話題になりましたが、その後、政権が変ったりしているうちに下火になってしまいましたが、あの計画はどうなっているのでしょうか・・・。

あの時、検討された危機管理項目は何一つ解消されているわけではないのですから、むしろ地震災害の発生リスクは、エネルギーの蓄積とか、周期説からも最近の傾向としては、危機感は高まっています。

東京都は、一極集中という特殊性もあって、危機的な状況に追い込まれると日本の機能そのものが麻痺してしまいます。
その為、地震対策は他の都道府県とは規模的にもカバーする内容的にも全く違った対策が必要になってくると思われます。

財政的にもそれはもちろんトップですから、災害時の被害予想にしても、調査にしても大規模に行っています。
テロに対する保護プログラムの施策まで入っています! さすが、首都。


東京は言うまでもなく、日本の首都です。ここに日本の全てが集約されていると言っても過言ではないですよね。
一時、このことに危機意識を覚えた研究者や議員たちから「首都移転計画」というものが発表されたことがありました。
新聞などの紙面をにぎわせましたよね。あの計画はどうなってしまったんでしょうか・・・。
それはさておいて、確かに一極に集中しているとそこが危機的な状況に追い込まれると日本の機能そのものが麻痺してしまいます。
東京都はその特殊性もあって、地震対策は他の都道府県とは違う対策が必要になっていると思われます。

東京都の地震対策は、やはりお金がかかっていますね(笑)。
被害予想にしても、調査にしても大規模に行っています。財政的にもそれはもちろんトップですからね。
テロに対する保護の施策まであるのですよ!さすが、首都。

もう少し、計画の中身に触れてみましょう。
東京都の地域防災計画は、その災害の種類によって細かくわけられています。
それも項目を見るとよくわかりますが、大変細かく作られています。

東海地震の対象になっている静岡と同じように、東京も地震の可能性が高いですから、真剣さもよくわかります。
対策の方向付けとして、地震に強い都市づくりはもちろんですが、地域力を期待するものになっています。
災害予防に関しては、個人での対応のことも言われていますし、防災グッズなどを個人が用意している率も高いのではないでしょうか。
ボランティアや災害援助に関するものも記載されています。
災害予防から、応急・復旧、さらには復興に関するものまでも計画されています。
また東京の人口構成の特殊性からか、外国人にたいする対策までも計画されていますね。

確かに東京の首都、都市機能が失われると、日本全体が危うくなってしまいます。
ですから、復旧から一歩進んで復興に力を入れる、ということはその点から考えるとわかりますね。

東京にいる限り、防災グッズを準備しておくことは必須事項ですね。


posted by レスキューエース at 11:00 | 地域での地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。