家具(本棚・窓ガラス編)

地震があったときに、凶器にかわりそうなもの。それはなんでしょうか。
重さのある家具などは容易に想像できますよね。しかし、本棚の本などはどうでしょうか。特に気にしたことはないのではないでしょうか。
本は集まるとかなりの重量になります。これがいっせいに崩れてきたら・・・・。
ここではそんな本棚と窓ガラスへの地震対策を書いておきます。

●本棚
重たい辞書などの本は棚の下段に置くように、まず整理をしておきます。最上段には軽い本や、ぬいぐるみなどの飾りを入れておくほうがよいでしょう。
そして、本が飛び出さないように各段にベルトなどを貼っておきます。
これは重い家具用のベルトでなくてもよいので防災グッズではなく、少し厚めのズボン用のゴムなどでも代用できます。手芸店などや100円ショップでも購入できそうですよね。
ゴムであれば、普段に使うときに邪魔にはなりませんし。
しかし、インテリア的にはちょっと・・・と思われるかもしれませんが、インテリアと家族の安全。どちらを取るかは言うまでもないですよね。

●窓ガラス
よく地震が起きた後の映像で、家々の窓ガラスが散乱している様子が映し出されます。
家の中にガラスが散ってしまうと、歩くときにケガをしてしまいますし、そのガラスをかぶったら大変危険です。
ですから、散乱を防止するフィルムを地震対策として貼っておくと良いと思われます。
戸建ての家で、全部の窓に貼るのが難しいようであれば、大きいガラスのところや、子供部屋など安全が優先される場所に限っても貼らないよりは良いですね。
これは防災グッズの売り場で購入してください。


posted by レスキューエース at 22:00 | 家具に対する地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。