非常食のことその1

地震対策の防災グッズのなかに、最低限必要なものとして食料品をあげました。
やはり防災グッズといえば非常食ですよね。みなさんは非常食にどのようなものがあるかご存知ですか?
私も調べてみるまではわからなかったのですが、かなり多岐に渡って種類があるようですよ。

まずはご存知乾パンですよね。保存年数が長いのが非常食の特徴ですが、乾パンは5年。缶に入っていて、大人数用もあるようですがおよそ一缶で1食分です。
私は食べたことがありますが、予想よりも食べやすかったです。しかし、水分が口の中からとられるような・・・・。水やスープを飲みながらでないと完食は難しいかもしれません。
これを食事にするのは、見た目からも厳しい気がしますが、軽いですし持ち運びには便利です。
また、乾パンではないですがリッツが防災用の食料として缶入りのものが販売されています。
これも保存年数は5年。缶入りですが、あけやすいようになっています。もちろん、リッツですから食事というよりはおやつですかね。
また乾パンではなく、缶に入ったソフトタイプのパンもありますよ。

そしてご飯ですね。ご飯にはレトルトのタイプのものと、水をたしてやるものの2種類にわかれます。
レトルトのものは暖めると食べやすいですし、お皿などを使わなくて袋から片手で食べられます。
通常のレトルトは1年ほどが賞味期限になっていますが、非常用のものは3〜5年程度持つように作られています。
白米よりは混ぜご飯系のほうがおいしいようです。
水を入れるタイプのものは、もしも水があまりない場合にはちょっと不便かなと思いますが、味は比較的良いようです。


posted by レスキューエース at 22:20 | 防災グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。