ラジオ

地震では電気が断たれることや、携帯電話もつながらなくなることから、情報源としてはラジオが頼りになります。
それではどのようなラジオを地震対策として用意しておくべきなのか、考えてみましょう。
ラジオと一口に言っても様々なタイプがあります。
雨などのために、防水機能がついているにこしたことはないでしょうね。
そして前にも書きましたが、懐中電灯は別としてもライトがついているタイプのものも便利だと思われます。
懐中電灯にラジオがついているものもありますし、ランタンのようになっているライトのついたラジオもあります。
ただし、あまりにも大きいと邪魔になってしまうこともあるので、そこは自分たちの都合のよいようなラジオにしておけばよいでしょう。
FM文字多重放送が受信できるタイプのラジオであれば、どんなものでもかまわないと思います。

ちなみに我家では、父親が心配性のため、防災グッズとして売られているようなラジオが2台もありました。
そして父親は常に寝る前にそのラジオを枕元においています。これは少し大げさな例かもしれませんが、それぐらい備えておけば安心ですよね・・・。
やはりライトがついているものですけれどもね。
しかし、電池が大きいものになるので、予備として電池を持つ際にちょっと重たいです(笑)。

今ではラジオよりもテレビがメインになってきているようですが、ラジオは地震対策として本当に役立ちます。
日々のテレビを少し消して、ラジオ番組を聴くようにしてもいいかもしれませんね。
防災グッズ、という意識ではなくて日々に取り入れてみましょう!温暖化にも貢献しますしね。


posted by レスキューエース at 01:51 | 防災グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。