ペット用その2

ペットと一緒に無事に避難所へ到着しました。もちろん、地震対策としてその避難所がペット連れが可能かどうかの確認は必要です。
もし可能であれば、と仮定して次にはどのような防災グッズが必要なのか考えてみましょう。

まずリードは必要ですよね。特に、いくら避難所にペットと共に入ることが可能であっても、当初は混乱していると思いますから外にとりあえずつないでおくこともあると思われます。
よって簡単に木やポールにつなげて、なおかつ外れないリードがあるといいと思います。
通常のリードでは色々なところにきちんとつなぐことができないかもしれませんので、その対応がされているリードを手に入れておきましょう。
小型犬はもちろんですが、中型犬・大型犬は外で過ごすことになるかもしれませんから丈夫なものがいいですよね。

そして次に必要なのが、キャリーバッグです。
これは猫や小型犬の場合はこの中で避難所で生活することが考えられるからです。
いつも病院などに行き来するために使っているキャリーバッグでもいいですが、避難するときに大変だと思われます。
そこで防災グッズとして販売されている、折りたたみ式の軽いキャリーバッグなどを用意しておくといいでしょう。
ただ新しいと安心できないかもしれませんから、やはりこれも普段に少し使っておくといいですね。
匂いのついたタオルや、毛布などを入れてやって少しでも快適に過ごせるようにしてあげましょう。
もちろん、キャリーバッグに入れっぱなしにしておくとペットもストレスをためてしまいますから、適度に外で遊ばせたりしてあげましょうね。
そうすることで、自分も癒されるはずですし。

自分のペットの性質などをきちんと把握して、地震対策を色々と考えておきましょう。


posted by レスキューエース at 10:37 | 防災グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。