地震の原因

今回の岩手・宮城内陸地震は都市直下型でした。このように都市直下型の地震は活断層が原因のことが多いと思われます。
現在は市町村の防災マップなどで、自分の地域のどこに活断層があるのかわかるようにホームページなどで公開しているところもあります。
これをチェックしておくことはよいことですが、活断層が自分の住む地域にないからといって安心はできません。
やはりしっかり地震対策をしておくことは必要ですよ。このような情報収集も、防災グッズの一つであると言えるのではないでしょうか。

活断層からなる地震はおきなくても、今までの日本で多かったのは海溝型の地震なのですからね。
日本はいくつかのプレートの上ののっかっているので、簡単にいうとこれらのプレートが引っ張り合いをしていて、それで平衡を保っているのです。
しかし、やはりその均衡がやぶれることがあるのです。これが海溝型の地震になります。
海溝型の地震は、活断層かなる直下型の地震よりもマグニチュードが大きくなることが多いと考えられます。
しかし、「海溝型」という名前が示すように沖合いが震源となることが多いので、直下型ほどの大きな被害は出ません。
それでも地域によっては、プレートの上に都市があるところもあるので、そこの地域には注意が必要です。
そこの地域は・・・東海と関東です。
だからこの地域にはいつ地震がきてもいいように、地震対策が必要ですし、実際に整備されてきているとは思います。
あとは個人で防災グッズを備えるなどの対策をしていきましょう。


posted by レスキューエース at 05:40 | Comment(0) | 地震の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。