家具(その他可動性の高い家具)

地震のときに大きな被害を出しそうな家具について、地震対策を書いてきました。
ここでは、そのほかの家具などについて考えていきたいと思います。

●額縁や重い像、壷などの飾り物
額縁については、重いものは下げておかないのが一番だと思われます。しかし、下げるのであれば裏面の一箇所だけで吊り下げるのではなく、あと数箇所固定しましょう。
そしてガラス面については防災グッズであるガラスの飛び散りを防止するフィルムを貼っておくと良いでしょう。
像や大きな壷などは、落下すると割れてしまいます。ですから、床に直接置くか・・・・しまっておきましょう(笑)。
もしくは、倒れないように回りを囲むような台座を置いたり工夫するようにしましょうね。

●ストーブやファンヒーターなどの暖房器具
今頃のものは地震で自動的に消火するようになっていると思いますが、確認しておきましょう。
そして万が一のことを考えて、上から洗濯物をつるしたり、などと燃えやすいものを近づけないように日頃からしておきましょう。
また、地震時に自分の身の回りの安全が確保されたら、ガスや電気などとともに火の元としてチェックするようにしましょう。

家具についての地震対策をここまで書いてきましたが、実際に今あなたのお宅ではどうでしょうか?
ちなみにえらそうに書いていますが、私もまだまだ地震対策が十分できているとはいえません。
やはり・・・本棚や食器棚がまだまだ不十分です。これから防災グッズを見に行ってきたいと思っているところです!


posted by レスキューエース at 22:10 | 家具に対する地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家具(本棚・窓ガラス編)

地震があったときに、凶器にかわりそうなもの。それはなんでしょうか。
重さのある家具などは容易に想像できますよね。しかし、本棚の本などはどうでしょうか。特に気にしたことはないのではないでしょうか。
本は集まるとかなりの重量になります。これがいっせいに崩れてきたら・・・・。
ここではそんな本棚と窓ガラスへの地震対策を書いておきます。

●本棚
重たい辞書などの本は棚の下段に置くように、まず整理をしておきます。最上段には軽い本や、ぬいぐるみなどの飾りを入れておくほうがよいでしょう。
そして、本が飛び出さないように各段にベルトなどを貼っておきます。
これは重い家具用のベルトでなくてもよいので防災グッズではなく、少し厚めのズボン用のゴムなどでも代用できます。手芸店などや100円ショップでも購入できそうですよね。
ゴムであれば、普段に使うときに邪魔にはなりませんし。
しかし、インテリア的にはちょっと・・・と思われるかもしれませんが、インテリアと家族の安全。どちらを取るかは言うまでもないですよね。

●窓ガラス
よく地震が起きた後の映像で、家々の窓ガラスが散乱している様子が映し出されます。
家の中にガラスが散ってしまうと、歩くときにケガをしてしまいますし、そのガラスをかぶったら大変危険です。
ですから、散乱を防止するフィルムを地震対策として貼っておくと良いと思われます。
戸建ての家で、全部の窓に貼るのが難しいようであれば、大きいガラスのところや、子供部屋など安全が優先される場所に限っても貼らないよりは良いですね。
これは防災グッズの売り場で購入してください。
posted by レスキューエース at 22:00 | 家具に対する地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家具(ピアノ・オルガン編)

どこの家庭にもあるわけではありませんが、学校や保育園などの教育施設には必ずあります。
倒れると冷蔵庫やテレビよりもはるかに被害が及ぶと考えられる、重量感のある家具。ここでは、ピアノやオルガンについての地震対策について書いておきたいと思います。

●ピアノ
まずベルトなどで上部などの安定しやすいところ全体を巻いて、壁に金具をつけて固定します。
ベルトが防災グッズとして見当たらなければ、市販のビニールテープの頑丈なものを見つけて何重にも巻いておくという手もあります。
そして、ピアノの足はキャスターのようになっていることが多いので、足には滑り止めのゴムをはかせます。
これは床を傷つけないように、ということで防災グッズ売り場でなくてもホームセンターなどで置いていると思います。
サイズを確認して購入するとよいでしょう。

●オルガン
ピアノと同じような形にはなりますが、やはりベルトでの固定が必要だと思われます。
しかし、保育園などで常に動かす可能性があるものについては、使うときには自由に取り外しが出来るベルトをしておくことができます。
そしてピアノと違うのが足ですが、キャスタータイプのものでない場合、足を少しでも安定するように補強しておくとよいと思われます。
実際には、足の下に足よりも長めの板を入れて、それを足と固定させておく、という方法がよいようです。

●グランドピアノ
このピアノは形状からいっても、壁に固定することは難しいと思われます。
キャスターについては同じように滑り止めをはかせて、グランドピアノの下に支えになるようなものを置いておくことがよいと思われます。
おそらくこの地震対策についてはまだ考えられてないと思うので、特注になるかもしれませんが、支えの棒を何本かかましておく、というグッズがあるようですから参考にしてみてください。
posted by レスキューエース at 22:00 | 家具に対する地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家具(冷蔵庫・照明編)

冷蔵庫はどの家庭にもあり、そしてさらに大型化が進んでいるために地震の時に倒れるとその下敷きになったりする場合もあると考えられる家電です。
そのために、やはり地震対策として転倒を防止する策を要する必要があります。

●冷蔵庫
家庭用の冷蔵庫には、引越し時になどに見てもらえればわかりますが、裏側の上のほうに穴があります。
そこにベルトを通して固定するとよいでしょう。
しかし穴があけられなかったりする場合には、強力な両面テープを使ったベルトでの固定も可能です。これも防災グッズとして販売されています。
この両面テープでの固定は、同じく穴があけられないタイプの重いもの、例えば業務用のコピー機などにも対応が可能です。
とにかく倒れないように固定する。このことが必要ですね。
ベルトがなくても、針金などでがっちり壁と固定ができればそれで全く問題ないと思われます。

●照明
天井からぶら下げられているタイプの照明(シャンデリアなど)は、張り出した部分を天井に針金などで固定しましょう。
もしも落ちてきたら下にいる人に被害を及ぼしてしまいます。また、学校などに多いむき出しの蛍光灯の照明の場合は、蛍光灯の両側、外れる部分を固定するために断熱性のテープを貼っておきましょう。
蛍光灯を取り替える際に不便かもしれませんが、蛍光灯が破砕されるとその細かい破片は凶器になりますのでやっておきましょう。

家具などの転倒防止には、専用の防災グッズもあります。しかし、手持ちのもので十分に効果が得られるように工夫できればそれで大丈夫です。
あなたなりの地震対策を考えてみましょう。
posted by レスキューエース at 22:00 | 家具に対する地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家具(タンス・食器棚編)

家での地震対策のなかで触れましたが、家具の地震対策が家庭のなかで一番大きなウエイトを占めるのではないでしょうか。
阪神大震災までは重要視されていませんでしたが、家具などが倒れることでの圧迫は大変な恐怖です。
防げるものならば防いでおきたいですよね。
そこで、主な家具についてどのように地震対策を行えばよいのか書いていきたいと思います。書いているものは、主に防災グッズの売り場などで扱われていると思います。

●タンス・食器棚など
一番良いのは、金具を使うことです。L字型の金具を使って固定するのが頑丈だと言われています。また補強材を使うとさらに揺れに対して強くなります。
金具の次にはベルトでとめることもお勧めです。角度をあまりつけないようにすることがポイントです。
また、賃貸などでどうしてもねじなどを使うことができなければ、突っ張り棒をすることもできます。
ただし、天井と家具の隙間が大きいと突っ張り力がきかないので、間に専用の箱のようなものをいれて棒を設置しましょう。
突っ張り棒をつけて、さらに家具の下にストッパーの役目をする板状のものを入れておけば安心です。
坂道などでタイヤを固定するときにつかいますよね?あのように家具を少し壁側に傾けておくものです。これは防災グッズとして買わなくても、工夫次第でできると思います。
また棚で忘れてはいけないのが、2段重ねるようになっているタイプです。
このタイプは上下がずれてしまうので、連結金具で固定しておきましょう。
さらに食器棚などは、中身が揺れで飛んでしまい破片でケガをしたりすることがあります。
そのようなことのないように、日頃は開閉に邪魔にならないけれど、揺れでロックがかかる防災グッズを取り付けるとよいと思われます。
また、外側にとめ具をつけておいて揺れを感じたらとめ具をかける、という手もありますが・・・そこまで揺れてから手が回らないとも考えられます。
ホームセンターなどで、自分の家にあうタイプのものを選んでつけておきましょう。
posted by レスキューエース at 10:19 | Comment(0) | 家具に対する地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。