東京都の地震対策

東京は日本の首都であり、日本の政治と経済の全てがここに集約されていると言っても過言ではないですね。
大分前になりますが、東京への一極集中に対する危機管理の面からのリスク分散を訴えた研究者や国会議員達から「首都移転計画」と言うものが提案、発表され、移転先がいろいろな自治体を巻き込んで大きな話題になりましたが、その後、政権が変ったりしているうちに下火になってしまいましたが、あの計画はどうなっているのでしょうか・・・。

あの時、検討された危機管理項目は何一つ解消されているわけではないのですから、むしろ地震災害の発生リスクは、エネルギーの蓄積とか、周期説からも最近の傾向としては、危機感は高まっています。

東京都は、一極集中という特殊性もあって、危機的な状況に追い込まれると日本の機能そのものが麻痺してしまいます。
その為、地震対策は他の都道府県とは規模的にもカバーする内容的にも全く違った対策が必要になってくると思われます。

財政的にもそれはもちろんトップですから、災害時の被害予想にしても、調査にしても大規模に行っています。
テロに対する保護プログラムの施策まで入っています! さすが、首都。


東京は言うまでもなく、日本の首都です。ここに日本の全てが集約されていると言っても過言ではないですよね。
一時、このことに危機意識を覚えた研究者や議員たちから「首都移転計画」というものが発表されたことがありました。
新聞などの紙面をにぎわせましたよね。あの計画はどうなってしまったんでしょうか・・・。
それはさておいて、確かに一極に集中しているとそこが危機的な状況に追い込まれると日本の機能そのものが麻痺してしまいます。
東京都はその特殊性もあって、地震対策は他の都道府県とは違う対策が必要になっていると思われます。

東京都の地震対策は、やはりお金がかかっていますね(笑)。
被害予想にしても、調査にしても大規模に行っています。財政的にもそれはもちろんトップですからね。
テロに対する保護の施策まであるのですよ!さすが、首都。

もう少し、計画の中身に触れてみましょう。
東京都の地域防災計画は、その災害の種類によって細かくわけられています。
それも項目を見るとよくわかりますが、大変細かく作られています。

東海地震の対象になっている静岡と同じように、東京も地震の可能性が高いですから、真剣さもよくわかります。
対策の方向付けとして、地震に強い都市づくりはもちろんですが、地域力を期待するものになっています。
災害予防に関しては、個人での対応のことも言われていますし、防災グッズなどを個人が用意している率も高いのではないでしょうか。
ボランティアや災害援助に関するものも記載されています。
災害予防から、応急・復旧、さらには復興に関するものまでも計画されています。
また東京の人口構成の特殊性からか、外国人にたいする対策までも計画されていますね。

確かに東京の首都、都市機能が失われると、日本全体が危うくなってしまいます。
ですから、復旧から一歩進んで復興に力を入れる、ということはその点から考えるとわかりますね。

東京にいる限り、防災グッズを準備しておくことは必須事項ですね。


posted by レスキューエース at 11:00 | 地域での地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡県の地震対策

災害はその可能性や、予想される被害や、その対策すべき内容は地域の特性によって異なってきます。今日本で一番地震対策を採っていると思われる自治体として、静岡県の地震対策について取り上げたいと思います。

静岡県は、1970年代に大規模な東海地震がいつ発生してもおかしくないような可能性があると発表されました。それから地震対策が実際の災害対策管理として随分と進められてきました。

この発表は、単なる予想というレベルではなく、その後の研究でも実際に静岡も含む東海地方は日々1日毎に地震に向かってカウントダウンしている、と言っても過言ではないことが研究データによって明らかになってきています。

このことを踏まえて静岡県では、全国に先駆けて独自に地震に対する施策を行なってきました。
この東海地震は、他でも述べていますが、どちらかと言うと被害が大きくなりがちな「海溝型」、いわゆる地盤プレートのもぐりこみによって起こる物です。
前回の地震が在った時から、およそ150年が経過しています。その間ゆっくりとエネルギーが蓄えられていると考えられているのです。
・・・我々から考えると、負のエネルギーの蓄積ですね。

早い時期からの研究を重ねた結果被害の想定もできており、被害の範囲も第3次の想定まで進んでいます。
この研究では、その時の条件にもよりますが、死者は最大で5000人を超えるという想定がでています。
ライフラインの断裂や、推定震度、液状化の被害範囲の予想/想定まで出ています。また当然海岸線がありますから津波をも想定したものになっています。

静岡県はこれら想定される被害を最小限に抑えるために、およそ30年ほどかけて様々は整備事業を進めてきました。
緊急時の輸送路の確保、そしていま各県でも叫ばれている学校など教育施設の耐震化、土砂崩れや山崩れなどの防止柵の設置・・・・。

静岡県では、小さいときから防災ずきんを使った避難訓練が行われたりしていて、
人々の地震に対する意識も他県の人たちとは比べ物にならないくらい高いものになっています。


もちろん対策がしっかり整ったからと言って、全てが万全で安心、というわけにはいきません。
とはいえ、防災グッズなどを備えているのと全くの無防備なのでは被害もその後の復旧も違ったものになると思われます。
静岡県では、すでに地震と言うものを日々の生活の中に受け入れている、ということもいえるのかもしれませんね。
posted by レスキューエース at 10:50 | 地域での地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病院での地震対策

災害などが起こったときに、前線基地になるのが病院です。
重症の患者から軽症の者まで、次々に運び込まれていきます。
近年では、そのような救急医療のなかで優先順位をつけたりするような訓練も活発に行われてはいます。
しかし、病院自体の地震対策はどうなっているのでしょうか。防災グッズなどの備え付けはあるのでしょうか。
病院という基盤が破壊されてしまうと、その地域の負傷者たちの命取りになりますし、精神的にも大打撃を与えることにもつながります。
そこで、病院の地震対策について考えてみましょう。

阪神淡路大震災や、その後の新潟県中越沖地震などから病院の地震対策の進められてはいるようです。
実際に機器類などを、防災グッズなどで固定する動きは大部分の病院で見られますし、医薬品や食料の定期的なチェックも行われているという統計が出ています。
また、スタッフが大勢いる病院では当たり前ですが、災害時の人員の確保などもマニュアルを作成してできあがってはいます。

しかし、意外なのが災害時のライフラインの断絶を想定した対策が少ないことでした。
外国の映画などでは当たり前ですが、病院にポータブルの発電機があまり整備されていないことには驚きました。
ライフラインが断たれることは、一番に想定できることです。
ここを断たれると機器類にも影響があるわけですから、電気の確保は重要ではないでしょうか。

また連携をとる、ということも想定されていないように思われる結果だったので、自治体などとの協力体制などを整えて欲しいと思いました。
posted by レスキューエース at 10:45 | 地域での地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身近な地震対策

家族のなかで統一した意識をもったら、次は家というものの具体的な地震対策が必要です。
それでは、家の地震対策とはどのようなものなのでしょうか。

●地震に強い家であること。
これは基本ですよね。最近は耐震偽装などのように、本当に信じられないことも起こっていますが、これは論外として。
マンションを購入するにしても、耐震について触れられてないマンションは最近はあまりないのではないでしょうか?
それぐらい重要な要素になっていますね。
また戸建ての家では柱や基礎の部分はもちろんですが、土地も重要です。
地盤が脆ければ、補強することも必要です。
しかし、地質によっては土地が揺れることで地震の影響を逆に少なくする場合もあるので、専門家に相談してみてもよいですよね。


●家具について揺れに耐えられるようにすること。また、避難するときに困らないように配置を考えること。
阪神淡路大震災では、早朝だったこともあり寝ている状態で家具の下敷きになった例も見られました。
このように重い家具については、倒れないように様々が防災グッズを使って工夫しておきましょう。倒れてもまだゆとりがあるように、家具を必要最小限にとどめることも必要かもしれませんね。

●防災グッズを用意しておく。
ある程度の現金や貴重品、食料、常備薬・・・・あとで述べますが生活に必要な最小限の防災グッズをそろえて持ち出しやすいようにしておきましょう。

また、外のブロック塀なども地震でもろいことがわかっています。その素材なども考え塀をつくりましょう。
posted by レスキューエース at 08:15 | Comment(0) | 地域での地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地震に対して家庭で心得ておくこと

私たちが一番にできる、身近な地震対策とはなんでしょうか。やはりそれは、それぞれの家庭での対策ですよね。
家庭の中でどれくらい危機意識をもって取り組めるか、考えや意識を統一させておきましょう。
もしものときに、家族がばらばらに行動していたとしたら、どこに集合するのか。もしも家だったとしたら、そこがダメだった場合は次はどこにしておくのか。
家族が落ち合うことが大切ですものね。電話はまず繋がらないでしょうから、集合場所を決めておきましょう。
公共交通機関が使えないこともあるでしょうから、そのことも頭に入れて間違いのない集合場所を取り決めておきましょう。
ちなみに、うちの場合はまず一番は自宅です。その次としては一家の主の勤務先に集合することを決めています。
地域の避難場所に指定されているところなどもいいかもしれませんね。

その次に、地震が起きたときに自分がどう行動すべきなのか考えておきましょう。これも家族で話し合って、統一させておくといいと思います。
まず地震が起きたらみなさんはどうしますか?
以前は「火の元を確認する」ということが一番だったと思います。
それは阪神淡路大震災で、朝という時間帯もあり火を使用していたと見られる家庭から出火して、大惨事になったことが教訓になっていたのです。
しかし、現在では優先順位が変わってきています。
まず一番に考えることは、「自分の身の安全を確保すること」です。
安全を確保できないのに、火の元を優先する、という考えではなくなったのです。
地震が起きたら、机などの下にしゃがみこみ落下物などから身を守ってください。
そして、建物からの脱出をはかる。脱出の通路を確保してください。それが確保できてから、はじめて火の元の確認です。
ガスはもちろんですが、ブレーカーも落としておくとよいですね。電気が復旧する際などに、負荷がかかって出火する場合があるからです。
そして家族の安全などを確認しつつ、用意していた防災グッズを持って避難しましょう。
その際、防災グッズには必ずラジオが含まれると思いますのでラジオから情報を得つつ避難しましょう。

これらの地震対策のことを、日頃から家族で統一して心得ておくとよいですよね。
posted by レスキューエース at 08:09 | Comment(0) | 地域での地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域での地震対策は?

気象庁は緊急地震速報システムの整備などをすすめています。
また、今までは地震後に速報が流れることが多く、実用的ではないなどの批判はありました。
地震のたびに課題は出てくるでしょうし、そこはこれからの改善を期待したいと思います。
今回の岩手・宮城内陸地震では震源地は速報が遅れたようですが、震源から離れたところには15秒ほど前に速報が到達したそうです。
15秒もあれば、とりあえず火の始末ができますし、心構えができますよね。
このような政府の対策には私たちはなかなか携われないので、ここでは身近な地域の地震対策について触れてみたいと思います。

みなさんは地域の市町村が提供している災害対策や地震対策についてのホームページなどを見たことがありますか?
またそのようなマニュアルを手にしたことはありますか?
そのような地域でも、災害に対するマニュアルなどは私たちの手の届くところにあると思います。
あとはその有益な情報を私たちがどのように意識して使っていくか、ということですよね。
水害が出たところはハザードマップが作られているでしょうし、地震の多い地域ではそのような情報の掲示が必ずあるはずです。
そこには、もしかしたら役に立つ防災グッズなどの情報ものっているかもしれません。

何かことがあってから悔やんでも遅いのです。

まず、私たちにできることは地域の対策の状況をつかむこと。これならば簡単にできます。
そしてその情報誌なりなんなりを防災グッズをそろえているバッグの中に入れておきましょう。
避難場所など、知らなかったことがたくさんあると思いますよ。

posted by レスキューエース at 05:56 | Comment(0) | 地域での地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家具についての地震対策(テレビ編)

次は家電のテレビについて地震対策を書いていきます。これらは防災グッズ売り場では簡単に見つからないかもしれませんが、要するに倒れなければよいのです。
それぞれの家にあった工夫をしていきましょう。そのためのヒントとなれば幸いです。

●テレビ
最近は大型のテレビが多く、また液晶タイプなどの薄型テレビが増えてきています。それに大画面のものも増えていますよね。
薄型テレビは安定も悪く、地震の時には倒れて大きな被害を出す恐れがあります。
よって地震対策としては、基本は床に近い場所に設置するほうがいいです。しかし、収納や掃除などの点から直接床に置くわけにもいかない。なので、テレビ台などに置いていることが多いですよね。
その場合は、テレビ台にテレビを固定する方法があります。テレビ台に専用の金具を固定して、その金具とテレビの後ろからつけた針金のようなものを結ぶことによって倒れにくくなります。
またテレビ台ではなくて、壁に直接金具をつけて同じように固定する方法もあります。
テレビ台がキャスター付きの場合は、キャスターを転がさないようにするために、ゴムのキャップのようなものを各キャスターにつけましょう。
これは防災グッズではなく、家具などで床が傷つかないようにするためのグッズ売り場にあると思います。
そしてブラウン管のテレビの場合は、薄型よりは倒れにくいですがやはりベルトなどで固定しておくことがいいですね。

このように、倒れたりする可能性のあるものについては、できるだけ地震対策をしていくことが必要です。
posted by レスキューエース at 20:00 | Comment(0) | 地域での地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。