病院での地震対策

災害などが起こったときに、前線基地になるのが病院です。
重症の患者から軽症の者まで、次々に運び込まれていきます。
近年では、そのような救急医療のなかで優先順位をつけたりするような訓練も活発に行われてはいます。
しかし、病院自体の地震対策はどうなっているのでしょうか。防災グッズなどの備え付けはあるのでしょうか。
病院という基盤が破壊されてしまうと、その地域の負傷者たちの命取りになりますし、精神的にも大打撃を与えることにもつながります。
そこで、病院の地震対策について考えてみましょう。

阪神淡路大震災や、その後の新潟県中越沖地震などから病院の地震対策の進められてはいるようです。
実際に機器類などを、防災グッズなどで固定する動きは大部分の病院で見られますし、医薬品や食料の定期的なチェックも行われているという統計が出ています。
また、スタッフが大勢いる病院では当たり前ですが、災害時の人員の確保などもマニュアルを作成してできあがってはいます。

しかし、意外なのが災害時のライフラインの断絶を想定した対策が少ないことでした。
外国の映画などでは当たり前ですが、病院にポータブルの発電機があまり整備されていないことには驚きました。
ライフラインが断たれることは、一番に想定できることです。
ここを断たれると機器類にも影響があるわけですから、電気の確保は重要ではないでしょうか。

また連携をとる、ということも想定されていないように思われる結果だったので、自治体などとの協力体制などを整えて欲しいと思いました。


posted by レスキューエース at 10:45 | 地域での地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。